ロジアナ君


ロジアナ君とは・・・

今すぐ、ピッキングの歩行距離を短くしてコスト削減するツールです。

出荷データ(いつ、どこに、何を、いくつ、等の情報)と、図面(倉庫のサイズ、棚のサイズ、位置等の図面)を取込、

画面に条件を入力する事で、ピッキング作業のコスト削減を行うシステムです。

【入力画面】

★出荷データ

 出荷データ.xlsx(指定フォーマット)に、

 バッチNo、オーダーNo、エリア、列、連、段、品番、出荷日(日)、数量(合計)を入力し、セットします。

 

★レイアウトファイル

 図面.xlsm(指定フォーマット)に、倉庫サイズ、棚サイズ、レイアウト等を編集し、セットします。

 

【図面作成方法】

 

 ★オーダーピッキング

  オーダー順にピッキングした時の結果を出力したい時に選択します。

  ソートを選択しなかった場合は、エリア、列、連の昇順でピッキングします。

 

 ★複数オーダーピッキング

  1回のピッキングリストに、複数オーダー指定した時の結果を出力したい時に選択します。

  ピッキング順は、エリア、列、連の昇順です。

 

 ★トータルピッキング

  同一出荷日、バッチNoで、品番毎にピッキングした時の結果を出力したい時に選択します。

 「同時処理品番数」に指定した品番数を1回のピッキングリストの単位とします。

 

  また、終了地点に戻った後の仕分け作業の時間を考慮することも出来ます。

 

  *仕分け単位 : 行毎

   出荷データの1行分を1仕分けとして考えます。

   1回のピッキングリストの仕分け時間を計算する時は、

   「ピッキングリストのデータ数」 × 「仕分け時間」 となります。

 

  *仕分け単位 : piece毎

   出荷データの数量毎に1仕分けとして考えます。

   1回のピッキングリストの仕分け時間を計算する時は、

   「出荷データの数量」 × 「仕分け時間」 の ピッキングリスト分の合計 となります。

 

 ★通行幅

  倉庫内の輸送手段が人の場合は、0.5m以上の幅の通路のみ通行できるようになります。

  その他、たとえばフォークリフト等を利用する場合は、自由に通行幅が設定でき、

  設定した値m以上の幅の通路のみ通行できるようになります。

 

 ★1回あたりのピッキング時間

  1アイテムをピッキングする時間を指定します。

 

 ★移動速度

  ピッキング時の移動速度を指定します。

 

 ★開始地点作業時間

  1回のピッキングリストの開始地点の作業時間を指定します。

 

 ★終了地点作業時間

  1回のピッキングリストの終了地点の作業時間を指定します。

 

 

入力画面の入力が完了したら、「実行 Execute」ボタンを押下します。

押下すると、分析結果が画面に表示されます。

 

【分析結果画面】

 

入力画面で指定した方法でピッキングした時の、移動距離、移動時間、ピッキング回数、ピッキング時間、総出庫数、

開始地点作業時間、終了地点作業時間、仕分け時間(トータルピッキング指定時)合計時間が表示されます。

 

また、時給を入力することで、この作業に掛かるトータルコストが表示されます。

【ABCロケ入替提案表について】

距離や時間の結果の下に表示された表が、出力結果を元に分析した「ABCロケ入替提案表」です。

 

たとえば上の分析結果画面で解説すると、一番上の行「Hinban_B015」は、「Hinban_A003」と入れ替えた方が、

作業時間や距離が縮まる可能性が高いことを表しています。

また、「Hinban_B015」のABCは、Cランクに設定されているが、Aランクにした方が良いということを表しています。

 

実際入れ替えた結果が見たい場合は、入替たい行をチェックし、「入れ替えて再実行」ボタンを押すと、

入れ替えた結果が表示されます。

【距離や時間の計測方法】

【最近傍検索について】

当該オーダーのピッキングリストに対して、開始地点から距離が短い(近い)順にピッキングを実施した結果を出力します。

使い方は、「最近傍検索」をチェックし、「入替て再実行」ボタンを押下します。

入力した条件(オーダーピッキングや、トータルピッキング)のまま、オーダーデータの棚No、列、連のソートでは無く、作業毎の完了地点から距離が短い(近い)順にピッキングを行った結果が表示されます。

 

オーダーリストのピッキング順番を変更するだけで、歩行距離を短くしてコスト削減が可能となります。

 

更に、最近傍検索に2-opt法という最適化処理を施す事で「最近傍検索」のみ以上の改善効果が得られます。 ※本処理は現在開発中、11月中旬リリース予定!

 

WMSデータと連携可能なWebAPIを利用する事で、即座に現運用へ適用しコスト削減が実現出来ます。

※WebAPIは準備中。

【出荷データDownload】

ロジアナ君がピッキングした順が分かるように、ピッキング順の出荷データがDownload出来ます。

「出荷データDownload」ボタンを押下すると、ダウンロードされます。

 

ダウンロードしたデータの使用方法として、例えば、

「最近傍検索」して並べ変わった出荷データをダウンロードし、そのデータを元に現在運用中の出荷データを並べ替える事で

直ぐに最短経路でのピッキングが実現し、コスト削減出来ます。

【図面ファイルDownload】

ロジアナ君がピッキングした各棚のピッキング回数が分かるように、実行後の図面ファイルがDownload出来ます。

「図面ファイルDownload」ボタンを押下すると、ダウンロードされます。

 

ダウンロードされた図面ファイルを開き、「ABC表示」ボタンを押下すると、

各棚のピッキング回数が表示されます。

ピッキング回数表示時、割合、閾値で色分けすることもできます。