Sim3Dについて


Sim3Dはシミュレーションを行うことが出来るエディションになります。

作成したモデルでのスループットを計測することが出来、現実に忠実な実行結果を出力します。

Sim3Dエディションで出来ること


シミュレーション

様々な条件を加味しシミュレーションを実行することが出来ます。その結果、コスト削減や時間短縮などの改善策を導き出すことが出来ます

自由なシミュレーション条件の設定

シミュレーションをする条件はユーザーが自由に設定することが出来ます。作業者が休憩する時間になれば作業者の動きを停止する、など設定次第で様々な条件設定が出来ます。


活用シーン


レイアウト検討

Sim3Dは主に現在の運用を変更する時に活用

例として下図では、ABCロケに基づいた棚のレイアウト変更のシミュレーション結果を表しています。作業が1日平均1時間短縮され、その結果コストが一年で144万円の削減になったことを算出しています。

またABCロケ分析にあたり、弊社の「ABCロケ分析提案サービス」を利用することで、現在のA品、B品、C品の位置を知り、それらを移動させた場合の削減コストを算出できます

生産能力検討

設備や人を削減しても生産能力が十分なのか検証

設備の台数や人員を削減する場合に、生産能力が足りているのか検証することが大きな課題になります。シミュレーションソフトを利用しない場合、過去の実績から生産能力を予測するしか無く、精度の高い予測は非常に困難です。

しかし、Sim3Dを利用することで、短時間簡単に生産能力の検証が出来ます。


シミュレーション実施方法


シミュレーションパターンの作成と実施

Emulate3Dでシミュレーションを行う実際の手順になります。シミュレーションパターンを作成し、結果の比較対象となるプロパティを出力していきます。

シミュレーション出力結果編集方法

シミュレーション結果はEmulate3D内部にあるスプレッドシートに出力されます。そのままEmulate3Dのスブレッドシートの機能でグラフ化なども可能ですが、出力結果をエクセルにエクスポートも可能です。


Sim3Dユーザーの声


「Intralox」様のインタビュー動画です。