TOP製品紹介 > Emulate3D
Demo3D 視覚 Sim3D 診断 Emulate3D 試験 机上で手軽に実機同様のテストを実行

Emulate3Dについて

制御プログラムをテストする時に利用します

制御プログラムを毎回実機で確認すると手間と時間が掛かります。しかしEmulate3Dを導入することにより、より安全に、かつ少ない時間で検証することが出来ます。また危険を伴う可能性のあるテスト(セーフティテストなど)も安全に確認することが出来ます。

 


Emulate3Dエディションで出来ること

机上での検証

Demo3Dはソフトウェアになりますので机上で検証することが可能です。制御システムのテストは実機で行わなければならず、度々現場まで赴きテストを行うと手間とコストが掛かってしまいます。しかしEmulate3Dで事前にテストしておけば、現場での手戻りが減少し、作業時間短縮になります。

現状と導入後 リードタイムの短縮/制御プログラムの精度向上/手戻りの減少/実機を動作による自己の減少

異なるPLCでのモデル流用

モデルを作成した後にPLCを変更する場合でも、モデルを作り変える必要なく流用することが出来ます。

三菱電機(現在PLC)→シーメンス(予定PLC)


活用シーン

制御プログラムの開発ツール

Demo3Dを利用してテストを行うことによりコーディングとテストが同時に出来、リードタイムを短縮を図れます。また、実機作成前にDemo3Dでマテハンを作成し想定通りの能力が出るか確認を行えます。

制御システムの機能追加 コーディング 毎回実機を動かすテスト 実機を動かすテスト 多くの手間と時間が掛かる Demo3Dを利用するテスト 実行回数に制限がない 少ない時間と少ない手間 コーディングしながら可能 リードタイムの短縮

不具合・イレギュラーケースの確認テスト

Demo3Dは仮想空間ですので、テストを行いたい時にすぐに行うことが出来ます。PCを起動してあればDemo3Dを起動するだけですし手間も無く危険もありません。

 

実機を動かすテスト 危険性が高い 手間が多い 時間が掛かる Demo3Dを利用するテスト 机上のため危険性無し 手間が少ない 時間が掛からない


エミュレーション実施方法

Demo3DとGxWorksの接続

エミュレーションを行う際にDemo3Dと接続する三菱のGxWorksとの具体的な接続方法について説明しています。資料もフォーム記入無く閲覧可能ですので興味のある方は是非ご覧ください。

OPC ServerとDemo3Dの接続

エミュレーションを行う際にDemo3Dと接続する三菱のGxWorksをOPCサーバで接続する具体的な方法について説明しています。資料もフォーム記入無く閲覧可能ですので興味のある方は是非ご覧ください。



Emulate3Dユーザーの声

「Retrotech」様のインタビュー動画です。

「CenterControlSystems」様のインタビュー動画です。


「Daihuku Webb」様のインタビュー動画です。



Demo3Dを共有


サイト内検索

株式会社ITAGE

名古屋市中区栄3丁目18-1
ナディアパークビジネスセンタービル 21階

052-269-3101(代)

http://www.itage.co.jp/index.html