TOP製品紹介 > Demo3D

Demo3Dについて

主にデモンストレーション用途として利用します。

社内外でのプレゼンテーションなどで、理解しやすく見映えの良い3Dの動画を使うことにより、荷物や人の動作を正確に伝えられます。またシステムイメージや要件定義にも利用することが出来、最近ではVRを利用し、作成した工場モデルをウォークスルーするなどの利用方法もあります。

 

Demo3Dは競合製品に比べ、圧倒的な見た目の綺麗さで定評があります。大手のマテハン企業などはよく展示会のプレゼンテーション用動画に3DCGを利用したものを利用しており、見たことがある方も多いと思います。実際にDemo3Dは豊田自動織機様やIHI様などにデモンストレーション動画を提供していますので、知らない間にDemo3Dを見たことがある方もいらっしゃると思います。

 

営業を行う方はご存知だと思いますが、紙媒体による説明はセールスマンの説明する技術に掛かっており、特に動作の難しいマテハンなどは詳しい技術説明をセールスマンが行えない場合もあります。しかし、動画を用意すれば視覚で認識できる情報が紙媒体に比べ圧倒的に多く、見ただけで理解してもらえます

デモンストレーション用の動画はセールスマンの技量格差を少なくし売上に繋がるチャンスを増やせる大切な営業媒体だと言えます。


Demo3Dエディションで出来ること

レイアウト

予め用意されているカタログと呼ばれるデータをドラッグ&ドロップし、プログラミングをすることなく簡単にモデルをレイアウトすることが出来ます。

デモ動画作成

レイアウトされたモデルを利用しデモ動画を作成することが出来ます。動画の作成も非常に簡単で、特別なツールは必要なく「CaptureVideo」というボタンをクリックするだけで録画を開始します。



活用シーン


先の概要でも述べた通り、紙媒体で説明することに比べ、動画で説明することによりセールスマンのみの技術に頼ることなくお客様にアピールすることが出来ます。

 

文字が多く書かれた資料は、読み込めばよく分かりますが、営業している方が目の前にいるのにも関わらず、深く資料を読み込む方は少ないはずです。必然的にセールスマンの話や説明により製品を理解していくことになります。しかし、セールスマンも説明が上手な人とあまり上手でない人がおり、お客様が深い理解が得られないことがあります。

 

そのような些細な理由で商機を逃すリスクを、Demo3Dを使うことで減らすことが出来ます。Demo3Dは特に見た目の美しさを売りとしており、競合製品と比べて圧倒的な美しさを誇ります。操作も簡単で、またライセンスを購入していなくてもDemo3Dのモデルを閲覧することが出来るDemo3DViewerという閲覧専用のアプリも用意されています。

 


Demo3DViewer」はDemo3Dでモデルを作成し、Demo3DViewerで見れる特殊な拡張子で出力することにより、出先でも気軽にお客様に動画のアプローチを行うことが出来ます。また、このDemo3DViewerはWindowsStore(WindowsPC)とGooglePlayStore(Android)で見ることが出来ますので携帯にアプリを入れておけば、突然のことにも対応可能です。


デモンストレーション動画

Demo3Dを利用したデモンストレーション動画一覧になります。一覧ページは動画が多くありますので読み込みに時間がかかります。

デモンストレーション用提案動画はモデル例ページの「提案動画作成」にもあります。



Demo3Dユーザーの声

「Swedish Post」様のインタビュー動画です。



Demo3Dを共有


サイト内検索

株式会社ITAGE

名古屋市中区栄3丁目18-1
ナディアパークビジネスセンタービル 21階

052-269-3101(代)

http://www.itage.co.jp/index.html