HDS#21 public変数

こんにちは、開発担当の杉原です。

 

 

唐突ですが、リニア鉄道館に行きたいなと思っておりまして。

ただ、名古屋市内に住んではいるものの、真逆の位置にあるので結構行くのがめんどくさいんですね。

車は地味に時間がかかるので、できれば公共交通機関を使いたいのですが、はたして子供がおとなしくしてくれるのか、そこが気になります。

 

さて、公共の場に傍若無人な子供をさらけ出すかは別としまして、今回は変数をさらけ出していきたいなと思う次第です。

(上手い枕を書こうとしてすべっている感じがすごい……)

続きを読む 0 コメント

HDS#20 共有変数を定義する

こんにちは、開発担当の杉原です。

 

最近少し(自分は)仕事が落ち着いてきたので、ちょっとしたお遊びモデルを作成してみました。

先月の自由研究で作ったピッチングマシンにも適用できそうなので、記事のネタがなくなったらまた後日紹介できたらなぁと思っています。

 

というわけで、今回は予定通り共通変数についてご説明させていただきます。

続きを読む 0 コメント

HDS#19 グローバルな変数

こんにちは、開発担当の杉原です。

 

 

今週末は三連休。そろそろ暑さも落ち着いて、過ごしやすい時期になってきた(と思ってるのですが、引きこもりなのでよくわからないです)ので、どこかに出かけられる方も多いのではないでしょうか。

 

さて、久しぶりに通常路線に戻って行きたいと思います。

続きを読む 0 コメント

HDS#18 MessageListener②:検出

こんにちは、開発担当の杉原です。

 

先日、近くの神社のお祭りに行ってきました。

といいますか、町内会の代表として手伝いをしてきた、というのが正解ですね。

正直仕事だけでも精一杯なのに、土日までこうして駆り出されるのはたまったもんじゃないんですけども、神事に出たり、茅の輪をくぐったりと、いろいろやれることはあるんで、まあ前向きに考えればいい経験にはなりますね。

ちなみに、茅の輪はお金さえ払えば誰でもくぐれるんですけども、これをやると半年は健康に過ごせるらしいです(冷房で体調崩す前にやりたかった……)。

 

さて本題。

今回も引き続きMessageListenerについてご説明させていただきます。

続きを読む 0 コメント

HDS#17 MessageListener①:登録と削除

こんにちは、開発担当の杉原です。

 

暑い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。

私は冷房の効いた部屋で寝てた結果体調を崩すという体たらくです。

皆さんは風邪や熱中症にならないよう、気を付けてくださいね。

 

さて、今週から【How to Demo3D Scripting】を再開します。

まずはMessageListnerについて、2~3週にわたってお送りしたいと思います。

続きを読む 0 コメント

新卒研修報告#4 球体の整列生成

こんにちは、開発の杉原です。

 

冷静に振り返ると、最近忙しいアピールしかしていないですね。我ながらドン引きです。

というわけで、もっとまともなお話をしますと、先日新卒の歓迎会を開きました。

いまさらと思われるかもしれませんが、部に配属されたのは1か月前なので、こんなもんです。……って1か月!? もうそんなに経ったの!? 

 

 ということで、どんどん旬が過ぎていくこの報告、さすがにラストにしたいと思います。

最後は「球体の整列生成」についての報告をお送りします。

続きを読む 0 コメント

新卒研修報告#3 ワークの加工装置

こんにちは、開発の杉原です。

 

相変わらず忙しい日々を送ってはいますが、ブログを前もって書いておくくらいの心の余裕はできてきた気がします。

 ということで、今回こそは予定通り、「ワークの加工装置」についての報告をお送りします。

続きを読む 0 コメント

新卒研修報告#2 回転するBox

こんにちは、開発の杉原です。

 

 

いろいろなタスクを抱え込み、個人的にちょっと余裕がなくなってしまっていますこの頃。

先週は一泊二日の出張で会社にいなかったこともあり、ブログが更新できませんでした。

 

そういうこともあって、今回は2週分……って、そんな余裕はないですね、残念。

というか、依然忙しいので、予定を変更して簡単に書けそうな「回転するBox」についての報告をお送りします。

続きを読む 0 コメント

HDS#16 Transferのキャンセルその2

 こんにちは、開発Gの杉原です。

  

突然新卒教育をやることとなり、のほほんブログ書いている時間がまたなくなってしまいました。

しかし、今までこうして書いてきたブログがあるので、急な教育担当にも対応できて助かりましたね。

いやぁ、自分が書いた記事を最も読んでいるのは自分なんじゃないかなって思います。

(とか思いながら、更新日前日に記事書いていたんですが、当日公開設定にするのをうっかり忘れてました)

 

さて、そういうこともあって、今回は予定を変更して「Transferのキャンセルその2」としてお送りします。

続きを読む 0 コメント

HDS#15 Transferのキャンセル

 こんにちは、開発Gの杉原です。

  

昨日、水曜にもかかわらずなぜか火曜日気分でして。

つられて今日も水曜日だと思ってたら、木曜日、つまりはこのブログの担当日じゃないですか。

うっかりすっかり忘れておりました。

しかもこの後外出なので、超急いで記事を書きます。残り15分、頑張ります。

 

さて、今回はTransferのキャンセルについて説明いたします。

続きを読む 0 コメント

HDS#14 Transferの流れ⑤:業務処理

 こんにちは、開発Gの杉原です。

  

近頃はほとんど社内に引きこもって開発業務をやっていたのですが、久しぶりにお客様のところへ出向くことになりました。

世間一般の引きこもりのイメージと同様、普段あまり社外の人とは会わないので、なんだか少し緊張しますね。

と、いうこともあって、今回は更新日時の表示こそ予告通り5/24ですが、1日早い23日のうちの更新となります。

 

さて、今回はTransferの「業務処理」について説明させていただきます。

続きを読む 0 コメント

HDS#13 Transferの流れ④:後処理

 こんにちは、開発Gの杉原です。

  

ここのところTransferについての記事を書いていますが、実は最近着手している案件ではTransferを使っていません。

ということもあって、実はそんなにTransferって重要でもないのではないかと錯覚してしまいます。

ですが、そんなことはないはず、ないはずですので、もうしばらくこの話題にお付き合いください。

 

さて、今回はTransferの「後処理」について説明させていただきます。

続きを読む 0 コメント

HDS#12 Transferの流れ③:受け渡し

 

こんにちは、開発Gの杉原です。

  

↑このあたりに意図しない改行がよく挿入されるんですが、どうなってるんですかね。

毎回1行あけてるつもりなんですが、先週は2行、先々週に至っては4行も空いていてびっくりです。

 

さて、今回はTransferのメインともいえる「受け渡し」についてお送りします。

(メインといいつつ、実は結構やることはしょぼいのですが)

続きを読む 0 コメント

HDS#11 Transferの流れ②:前処理

 

こんにちは、開発Gの杉原です。

  

 

ゴールデンウィーク、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

私は前半の三連休で実家へ帰省したのですが、何か(猫?)のアレルギー症状を引き起こし、往復ともに渋滞に巻き込まれ、結果体力を消耗して連休明けに体調を崩し、四連休となる体たらくでした。

今日一日だけ出勤するくらいなら、病み上がりだし今日も休めばよかったとも思うのですが、ブログのために出勤しました、というと大げさですね。

 

さて、今回はTransferの「前処理」についてお話します。

続きを読む 0 コメント

HDS#10 Transferの流れ①:生成と開始

 

こんにちは、開発Gの杉原です。

 

 

 

 

ゴールデンウィークは結局1、2日と仕事です。

別に強要されたわけではなく、どちらかというとこう、有給の消化率が低い日本人ならではって感じですかね。

休んだところで引きこもってゲームしてそうなので、このほうがずっとか健全という気もします。

(四六時中パソコンの前にいることを健全というかどうかははなはだ疑問ではありますが)

  

さて、先週より始まったTransferのお話ですが、今週からは各プロセスについて説明していきます。

続きを読む 0 コメント

HDS#09 Transferの概要

 

こんにちは、開発Gの杉原です。

 

 

今年のゴールデンウィークも1、2日と休暇を取れば9連休です。

というのは、あくまで希望であって、現実はどうだかわかりませんが。

次回更新時、ここで「やった休みだーー」とか書けることを祈りつつ。

 

さて今回からはDemo3Dの「Transfer」について、長期にわたって紹介していこうかと考えております。

まず今回は「Transferの概要」ということで、簡単にTransfer全体の説明をしていきたいと思います。

続きを読む 0 コメント

HDS#08 乱数の生成(シミュレーション向け)

 

こんにちは、開発Gの杉原です。

 

 

4月も半ばに差し掛かり、ちょっと今更な話題ではありますが、弊社にも新入社員がやってまいりました。

まだ研修中のため、まだ一緒に仕事はしていないので、どんな人たちが入ってきたのかとても気になりますね。

 

さて今回の【How to Demo3D Scripting】は「乱数の生成(シミュレーション向け)」をお送りします。

今回はDemo3Dというよりは、.NET Frameworkのお話になるので、新人プログラマー向けな内容でもあります。

続きを読む 0 コメント

HDS#07 乱数の生成(デモンストレーション向け)

 

こんにちは、開発Gの杉原です。

 

年度が変われば多少のいとまができる。そう思っていた時期が私にもありました。

3月に多くのお客様にDemo3Dをご購入いただいたのですが、それが4~6月にかけてのモデル開発のご依頼に繋がったというわけです。少し考えれば当然の結果な気もしますね。

とはいっても、別に悪いことではなく、いろいろな方にDemo3Dを使っていただけるようになっているという、大変ありがたい話なわけです。

ということで気を緩めず、引き続き頑張って、満足いただけるものを開発できればと思っております。

 

さて【How to Demo3D Scripting】ですが、今月は乱数についてご紹介させていただきます。

まずは今回、第7回では「乱数の生成(デモンストレーション向け)」をお送りします。

続きを読む 0 コメント

HDS#06 WorldLocationの罠

 

こんにちは、開発Gの杉原です。

 

もうすぐ4月。

4月といえば、4月1日のエイプリルフール。

毎年多くの企業でエイプリルフール企画がWEB上で行われているのですが、結構それを見るのが楽しみだったりします。

 

さて【How to Demo3D Scripting】の第6回は「WorldLocationの罠」をお送りします。

続きを読む 0 コメント

HDS#05 Vector3型の演算その3:方向

 

こんにちは、開発Gの杉原です。

 

 最近、暖かい日はほんと暖かいですね。

「桜が咲いてる」とか言われ、「いやいや、まだ早いでしょ」とか言いながら指し示すほうを見たら、本当に咲いててびっくりしました。

 

さて【How to Demo3D Scripting】の第五回は「Vector3型の演算その3:方向」をお送りします。

続きを読む 0 コメント

HDS#04 Vector3型の演算その2:位置関係

 

こんにちは、開発Gの杉原です。

 

サンプルコードの言語切り替えは自前でささっと作ったのですが、普通に不具合ありまして。

公開後すぐ直したんですが、自分もまだまだだなぁと思いました。

 

さて【How to Demo3D Scripting】の第四回は「Vector3型の演算その2:位置関係」をお送りします。

続きを読む 0 コメント

HDS#03 Vector3型の演算その1:基本の演算

 

こんにちは、開発Gの杉原です。

 

ブログの管理画面で自分の記事が探しやすくなるように「HDS」とかつけたんですが、カテゴリ別でフィルタリングできることに今になって気付いたこの頃。 

もうこれつけるのやめようかなとか思っていたら、知らないうちにカテゴリに「HDS」とかつけられてる、どういうこと!?

 

そんな【How to Demo3D Scripting】の第三回は「Vector3型の演算その1:基本の演算」をお送りします。

早くも前後篇ですらなくなった。

続きを読む 0 コメント

HDS#02 搬送先の選択(後篇)

こんにちは、開発Gの杉原です。

 

年度末ということもあって忙しいですね。

師走より師走してる気がします。

 

さて【How to Demo3D Scripting】第二回、「搬送先の選択(後篇)」をお送りします。

続きを読む 0 コメント

HDS#01 搬送先の選択(前篇)

 

はじめまして、開発Gの杉原です。

今週より木曜日の記事更新を担当することとなりましたので、よろしくお願いします。

 

お届けする内容としましては、「技術的な部分の深いところ(※ただし深すぎない程度に)」となります。

深い・浅いの境界線、深すぎる・深すぎないの境界線が謎ですよね。

 

というわけで、勝手に「How to Demo3D Scripting」略して「HDS」と銘打って、

主にスクリプトによるモデルの制御手法なんかをご紹介していこうかと思っています。

 

第一回となる今回は「搬送先の選択(前篇)」です。

いきなり前後篇にわたる内容ですが、やはり深い話をしようとすると長くなりますので、仕方がないですよね。

以後も同じだと思いますが、どうかお付き合いください。

 

続きを読む 0 コメント