用語集


0~

Three-Dimensionalの略称。「3次元」を意味する言葉。
3DCGは3次元コンピュータグラフィックスの略称で、コンピュータによる演算によって2次元の図面を3次元のような奥行のある画像を作る技術です。

Third-Party-Logisticsの略称。知識を持つ第三者が荷主に代わり、ロジスティクスの企画・設計・運営を行う事業を3PLと呼びます。

A~Z

パレート分析、重点分析の別称。商品の売れ筋や出荷頻度によりA・B・Cの3つのランクに分け、重要度を明確にすることにより、過剰在庫の防止やピッキング効率を向上させ無駄な経費を抑えます。 弊社のサービスである「ロジアナ君」は情報を入力することでABC分析を行い、現在の移動距離や移動時間などを計算することが出来ます。更にABC分析に基づき棚ロケの入替提案を行い、その提案を実施した後の結果を確認することも出来ます。現在15日間の無料トライアルを実施中なので是非お申し込みください。

AEO制度を有する二国間の貿易で、それぞれのAEO事業者を相互に承認することにより、二国間物流におけるセキュリティレベルを向上させつつ、物流の円滑化を目指すもの。AEO制度が無い状態に比べ、相互承認後は審査・検査が軽減し、リードタイムを削減することが出来ます。

Automatic-Guided-Vehicleの略称。工場や物流倉庫で利用されている無人搬送車。床に金属線を設置しその上を走行する電磁誘導式や、床に描かれた線によって走行する光学誘導式、内部にジャイロスコープや加速度センサなどを備えAGV内の地図と照合しながら走行する自立誘導式などがあります。
Demo3DのAGVはモデル上にPath(パス)と呼ばれる線を設置することでその上を走行することが出来ます。横行や斜行にも対応しており、繋ぐだけで走行するので搬送処理も簡単に設定することが出来ます。

Augmented-Realityの略称、日本語訳は拡張現実。実際に見ている現実の一部を仮想とする技術のこと。VRは仮想世界に自分が入り込むイメージですが、ARは現実の一部に仮想を加えることになります。例えばVRでは仮想の部屋で仮想の家具が置いてありますが、ARでは現実の部屋に仮想の家具が置いてあるかのようなイメージになります。昨今はポケモンGOというスマートフォン用のアプリケーションによりARが大きく認知されました。 ARのメリットは現実世界に仮想を組み込むことが出来るので、部屋に購入予定の家具を配置して大きさなどを確認することなどが可能です。

Advanced-Shipping-Noticeの略称、日本語訳は事前出荷明細送付。商品の納品前に商品明細を相手に事前送付すること。事前に送付することで、検品作業が軽減されます。

Microsoft社が開発したプログラミング言語です。構文はC言語やC++、Javaに影響を受けており、.NET構想における中心的な開発言語であり、XML WEBサービスやASP.NETの記述にも使用されます。Demo3Dでの開発言語としても使われており、幅開く利用されている言語の一つです。

CADはComputer-Aided-Designの略称。製品設計を行う機能を持つ設計支援ソフトウェアのこと。
CADには2Dと3Dのものがあり、2DCADは線分や円弧などを組み合わせることにより平面的な設計を行うことが出来る。Autodesk社のAutoCADなどが有名です。 一方の3DCADは直方体や球を組み合わせることにより立体的な設計を行うことが出来、3Dから2Dの図面を起こすことも可能です。ただし、価格やPCの要求スペックが高いために導入コストが掛かってしまい、必然的に大企業で利用されることが多いです。Autodesk社のInventorやダッソー・システムズ社のCATIAなどが有名です。

Automatic-Guided-Vehicleの略称。工場や物流倉庫で利用されている無人搬送車。床に金属線を設置しその上を走行する電磁誘導式や、床に描かれた線によって走行する光学誘導式、内部にジャイロスコープや加速度センサなどを備えAGV内の地図と照合しながら走行する自立誘導式などがあります。
Demo3DのAGVはモデル上にPath(パス)と呼ばれる線を設置することでその上を走行することが出来ます。横行や斜行にも対応しており、繋ぐだけで走行するので搬送処理も簡単に設定することが出来ます。

Chief-Supply-Chain-Officerの略称で、日本語訳は最高サプライチェーン責任者。調達~販売に至るプロセス全体の課題を洗い出し、経営戦略を立てて実行します。

Distribution-Centerの略称。製品を一旦保管し、物流センター内でに荷捌きや流通加工を行った上で配送する方式を取り入れた倉庫または物流センターのこと。在庫型物流センターと呼ばれています。

Demand-Chain-Managementの略称、日本語訳は需要連鎖管理。SCM(Supply-Chain-Management)の発展概念で、供給(Supply)サイドではなく、需要(Demand)サイドでバリューチェーンを構築する考え方。SCMが原材料調達~販売までの効率性の向上を主眼としているのに対して、DCMは商品開発~販売促進までの有効性の向上を主眼としています。

Efficient-Consumer-Responseの略称で、日本語訳は効率的消費者対応。製造、運送、販売業者が協力し、商品を必要している場所へ、迅速かつ低コストで供給する考え方です。

Eco-drive-Management-Systemの略称で、日本語訳はエコドライブ管理システム。自然環境保全を目的としたエコドライブの実施と、その評価や指導を一体的に行う取り組みです。

Demo3Dの開発メーカーです。2004年後期にソフトウェアの開発会社として設立されました。本社はイギリスにあり、2012年に販売・サービスを目的とした子会社をアメリカに設立しています。また、オーストラリア、ドイツ、中国、韓国、日本(ITAGE)、スペインに代理店を持っています。

ABB社製のFlexPicker cellという4軸のパラレルリンクロボットは、コンベアにランダムに配置された小型部品を的確に捉えることが可能です。IRC5コントローラを備えており、高精度でコンベアを追跡出来ます。 Demo3DではFANUCやKUKA同様デフォルトカタログとしてご用意しております。

Free-On-Boardの略称で、日本語訳は本船渡し。貿易で、輸入者の指定する船舶に貨物を積み込むことによって契約を完了とします。運賃及び保険料は輸入者が負担します。

Free-Trade-Agreementの略称で、日本語訳は自由貿易協定。2か国以上の国や地域が、関税やその他貿易に関する障壁を一定の期間内に撤廃・削減する国際協定です。

nVIDIAが開発しているGPUで、主にDirectX用のアプリケーションに最適化されているシリーズです。競合製品としてはAMDのRadeonが挙げられます。Demo3DのアプリケーションはDirectXを使って動作していますので、OpenGL用に最適化されているQuadroよりも高いパフォーマンスを出します。現時点(2018/04/13)の最新はGTX10シリーズ、中でもハイエンドのGTX1080tiが最高性能です。

三菱電機社が販売しているシーケンサのエンジニアリングソフトウェアです。システム設計・プログラミングからデバック・保守まで様々な機能を兼ねております。Demo3DではGxWorksと連携させ、エミュレーションを実行させることが可能です。

Hazard-Analysis-and-Critical-Control-Pointの略称で日本語訳は危害分析重要管理点/危害要因分析に基づく必須管理点。食品製造工程における危害要因を科学的に分析し、それが除去できる工程を常時管理し記録する方法。例えば食品を調理する際の食中毒の原因となる細菌が、どのように調理すれば安全レベルになるのかを科学的に分析し、精査された管理方法を実施し、その結果を記録するといったことです。

ESM(Environmental-Management-System:環境マネジメントシステム)が満たさなければならない事項を定めた規格。組織の活動で生じる環境への影響を持続的に改善するためのシステムを構築し、継続的に改善していくPDCAサイクルが要求されます。

品質マネジメントシステムが満たされなければならない事項を定めた規格。一貫した製品・サービスの提供と顧客満足の向上を図り、継続的に改善していくPDCAサイクルが要求されます。

Microsoft社が開発したプログラミング言語です。構文はJavaScriptと類似していますが、異なる言語になります。Demo3Dの開発言語としても使われており、データ型、ファイルの入出力、アプリケーションの制御を行うことが出来ます。

ドイツに本社を置く産業用ロボットおよびFacroty-Automation関連機器の製造メーカー。産業用ロボットのシェアはFANUCに続き2位です。 Demo3DのデフォルトカタログとしてFANUC、ABBと共に用意されており、コネクタと呼ばれるものを接続するだけで搬送処理を行います。パレタイズ・デパレタイズの操作も非常に簡単です。

三菱電機社が販売を行っているFA統合エンジニアリングソフトウェアです。

Mixed-Realityの略称、日本語訳は複合現実。MagicLeapが巨額の資金調達を行って開発している技術ですが、情報はほとんど公開されていません。イメージとしてはVRよりもARに近く、現実世界の中にホログラムを作り出して没入感を与えます。ARとの違いは、ARよりもよりリアルで優れた技術であることです。ARはスマートフォンやレンズを通して映像を見ることが出来ますが、MRはそうしたものを通すことなく映像を見ることが出来、音や感触などがあると言われています。この言葉自体の定義が曖昧なので明確に記述することは難しいですが、MRの代表的なHMDは「Microsoft HoloLens」です。

Nippon-Automated-Cargo-and-Port-Consolidated-Systemの略称、日本語訳は輸出入・港湾関連情報処理システム。貿易において、入出港する船舶や航空機および輸出入される貨物について、税関などの手続きや付随する民間業務をオンラインで処理するシステムです。航空貨物を取り扱うAir-NACCSと海上貨物を取り扱うSea-NACCSの二種類に大別されます。

nVIDIAはアメリカ合衆国のカリフォルニア州にある半導体メーカーで、コンピュータのグラフィックス処理や演算処理の高速化を主な目的とするGPUを開発・販売しています。nVIDIAはゲーム向けのGeForceシリーズをはじめ、エンジニアリングソフト向けのQuadroシリーズ、スーパーコンピュータ向けのTeslaなどの製品を販売しています。

Non-Vessel-Operating-Common-Carrierの略称、日本語訳は非船舶運航一般輸送者。対象となる事業者のみでは国際輸送手段を持たない貨物利用運送事業者のことです。荷物の送り主に対して運送業者として貨物を引き受けますが、実際のところは船舶会社を理容して会場輸送を行います。

Oculus社が販売しているPC用ハイエンドHMDです。2018/04/17現在のOculus Rift(+Touch)の価格は60900円となっており、HTC Viveとほとんど変わらない性能を有しています。解像度や視野角、リフレッシュレートに違いはありません。Viveと価格が異なりますが、対応しているソフトウェアが圧倒的にViveの方が多いというデメリットがあります。ちなみにDemo3DはHTC Viveをはじめ、OculusやGoogle Cardboardなど数多くのVR機器に対応しています。

Programmable-Logic-Controllerの略称。一般的にシーケンサとも呼ばれる。工場などの自動機械の制御や、エレベーター、自動ドアなど、様々な機械の制御に利用されています。PLCで動作させるプログラムはラダー図と呼ばれ、梯子のようなシンプルな図形で表します。

AMD社が開発しているGPUのシリーズ名です。nVIDIA社が開発しているGPUはGeForceと呼ばれますが、AMD社が開発しているGPUはRadeonと呼ばれます。RedeonはDirectXに最適化されていますが、OpenGLに最適化されたエンジニアリングソフト向けのFireProシリーズも存在します。大手PCメーカーへの大量供給がnVIDIAよりも強く、Apple、DELL、SONY、HP、レノボ製のPCにおいてRadeonが採用されています。

三菱電機製MELSOFTのプログラム作成~ロボットのデバッグ作業、稼働後の運用状況などをトータルで行うことが出来るエンジニアリング系のソフトウェアです。RT ToolBoxとDemo3Dを連携させることによりオフライン状況でのダイレクトティーチングを実現します。

Supply-Chain-Managementの略称、日本語訳は供給連鎖管理。原材料や部品の調達から最終顧客までの製品やサービスの流れを一つの供給の連鎖と捉えた考え方による経営管理手法です。

ダッソー・システムズ社製のミドルレンジの3DCADです。「使いやすく」「手頃な価格で利用可能」は創業当時から変わらない製品ポリシーとなっております。弊社はDemo3DVR for SOLIDWORKSというSOLIDWORKSのCADデータをそのままVR化することが出来るアドオンを販売しております。

Transfer-Centerの略称。店舗に近いところで設置される物流センターで、出荷・献品・仕分けなどを行った後に店舗に一括配送します。通過型流通センターと呼ばれています。DCと違いセンター内に製品は留まりません。

User-Interfaceの略称。システムの情報を人間に伝えるための伝達手段のこと。GUIでは特に、システムやソフトウェアでユーザーに提示されるグラフィカルな視覚情報、テキストによる文字情報、音声情報などを指す。

Universal-Serial-Busの略称。コンピュータなどに周辺機器を接続するために利用するシリアルバス規格の1つ。マウスやキーボード、外付け記憶装置などに幅広く利用されている規格です。

Microsoftが提供している統合開発環境。C#、VisualBasic、F#、C++、Python、JavaScript、HTMLなど様々な言語に対応しています。一般的なIT系の開発では広く利用されています。

HTC社とValve Corporationにより共同開発されたVR向けのHMD(ヘッドマウントディスプレイ)。PCと接続してVR体験を行うハイエンドHMDです。解像度は2K(2160x1200)、視野角は約110度です。HTC Viveは部屋全体をルームスケールとして歩き回ってVRが出来るように作られており、コントローラーでの移動のほか、実際に歩くことによって移動が可能です。

Virtual-Realityの略称、日本語訳は仮想現実。VR用のHMD(ヘッドマウントディスプレイ)を使って仮想的な現実を体験することが出来ます。映像と音声による没入感を与えます。AR(拡張現実)では現実の空間から大きく異なる認識をすることは出来ませんが、VRの場合は実際の空間とは全く別の空間を演出することが出来ます。主なVR機器はHTC ViveやOculus Rift、GoogleCardboradになります。

あいうえお

複数種類の商品をまとめて梱包すること。ECでは一つの箱に複数の商品を同梱することが多いため、アソート作業は頻繁に発生します。

日本語訳は回避可能経費。JR貨物が旅客会社に支払う線路使用料のうち、貨物列車が走行しなければ回避できる経費のみJR貨物が負担するという規定です。JR貨物の収益基盤が著しく脆弱であったため、支援策として講じられ、JR貨物側に非常に有利な取り決めとなっています。

画像を滑らかで綺麗に表示するために行うぼかし処理のこと。エイリアシングなどを防ぐためにも行います。ディスプレイではピクセル単位より細かく描画することが出来ないため、アンチエイリアス処理をしていない場合はピクセルのギザギザが発生します。このジャギーを目立たなくすることて、滑らかな画像を表示することが出来ます。

スーパーなどの小売店が商品を仕入れる際に、複数の取引先の商品を物流センターで一括して配送を受ける方式です。各メーカーか店舗別に少量別送する必要が無く、センターにまとめて納品するだけで済むというメリットがあります。

パレットに荷を積んだまま発送から到着の棚卸までを一貫して輸送する方式です。積み替えに著しい省力化を図ることが出来、そのほかにも輸送車や設備などの回転率の向上や荷ダメージの軽減がメリットとして挙げられます。

レールの上を移動する構造の移動式ラックのこと。通常使われていないデッドスペースの部分に棚を移動させて通路を確保することが出来るようになります。同じ面積で保管量を2-3倍に増やすことが可能です。

機器の筺体に設置されている、内部の状況や状態を表すランプなどの表示機器のこと。例えばPCの電源のON/OFFが分かるようになってるランプや、車の速度計など。

国際貨物輸送において、貨物の集配を含め幹線輸送を自ら一貫で行う物流業者のことです。配送元から配送先までDoor to Doorのサービスを提供しますが、自社の航空機は持っていません。具体例は国際宅配便業者などを指します。

シングルピッキングとトータルピッキング双方の利点を取り入れた新しいピッキング方法。バッチを細かく分けて断続的に作業することで全体の効率を上げます。

国際的なEC(Electronic-Commerce:電子商取引)のこと。通常の自国内向け(自国語)ではなく、外国向け(外国語)のサイトを設け、積極的に海外の消費者に販売する形態です。

日本語では「版」という意味。同製品内で豪華版、通常版、限定版などの機能が制限された、また追加の特典があるが、本編の内容に変わりがない別バージョンの製品を分けて販売する場合に利用される。

特定のコンピュータやOS向けに開発されたシステムを、異なる環境のコンピュータで使うこと。一般的に他環境で実施出来ないシステムについてはシステムを作り直すことにより対応させることが出来ますが、エミュレーションではシステムを実施出来ないコンピュータに疑似的に実施できる環境を構築することで利用できるようになります。先述の機能を持った装置、あるいはソフトウェアをエミュレータといいます。

折り畳み式コンテナの略称。一般的にはプラスチックなどの材質で作られているコンテナで、折り畳むことにより容積を小さくすることが可能な輸送容器です。

かきくけこ

台車。物流現場においてピッキングを行う際に利用されることが多い搬送機器です。2段にになっているものが多く、作業テーブル付きや脚立付きの台車などが存在しています。

荷物を載せたまま倉庫からトラックへの積み込み、店舗の中まで運ぶことが出来る搬送において重要な機器です。L字折りたたみタイプ、I字折りたたみタイプ、ダブルゲートタイプ、観音扉タイプなど様々なタイプがあります。折りたたみすることが出来るかご車は収納効率が良く、狭い空間に収納することが可能です。

Demo3Dにおいては標準で用意されている400種類以上のコンベアやロボット、自動倉庫や人などのテンプレートのデータをカタログと呼びます。カタログはデフォルトで用意されているものから、新しく自分で登録することも出来ますし、カタログのデータをインポートすることも出来ます。

ある物流拠点に荷を集積し、別の拠点までを大型の輸送機関で輸送を行うこと。

日本語訳は危機管理。組織の事業継続を脅かすような非常事態に遭遇した際に、被害を最小限に抑えるための組織の対応手段や仕組みのこと。非常事態は組織により異なりますが、具体例としては地震などの天災やテロや風評などです。

通称はクラウドと呼ばれ、データを自分のローカル(PCやタブレット)に保存せずにインターネット上に保存して利用するサービスのことです。PCのスペックやプラットフォームなどの環境に依存することなくサービスを利用することが出来、インターネットにさえ繋がっていればどの端末(PC、スマートフォン、タブレット)からでも同じデータの閲覧、編集、アップロードなどが可能です。

高画質の画像を描画することに特化した機能を持つPCの部品。通常、CPU(Centeral-Processing-Unit)で汎用的な演算処理を行えるようになっていますが、高度な画像の演算処理が必要な場合はGPU(Graphics-Processing-Unit)が必要になります。GPUが搭載されてPCに内蔵できる形にしたものをグラフィックボード(またはグラフィックカード)と呼びます。

Demo3D上でのグループ化は選択されたオブジェクトに新しく「Group」という名前の最上位の親を付与します。グループ化されたオブジェクトはレイアウトを崩さずに移動することが出来、まとめてコピーする時などに便利な機能です。

大型の荷仕分けシステムのことで、巡回するベルトコンベアの上に荷を載せて自動的に指定の搬送先に仕分けられる自動化システムです。Demo3Dの標準カタログにもクロスベルトソータは存在しています。

荷主企業と物流事業者が、物流業務委託契約において、物流の効率化を図ることによって創出した収益(ゲイン)を双方で分配(シェア)することによる仕組み・契約手法のこと。双方にメリットがありWin-Winの関係を築き上げることが出来ます。

入庫・出荷の際に、商品の種類や数量に誤りがないか確認する作業。

一律の規制とは異なる制度が認められた特別区画のこと。

複数の荷主から小口貨物を1つにまとめる事業者。

コンテナを荷役し、一時集積しておく場所。コンテナヤードは保税地域となっており、通関手続きなど輸出入に関する諸手続きもここで行われる。

ベルトやチェーンと様々な機構を持っており、認知度が一番高い機構はベルトコンベアです。製品の搬送を目的とし、荷を載せた時にベルト部分が動くことにより製品は指定の場所まで移動させられます。Demo3Dでも様々なタイプのコンベアが用意されており、ローラー、ベルト、チェーンといった機構はもちろん、合流や分岐コンベアなどが存在します。

さしすせそ

サーバはサービスを提供するコンピュータのことで、HPを閲覧したり、メッセ―ジを送信したりするために利用します。WEBサーバやメールサーバなど、様々な種類のサーバがあります。

海上輸送と航空輸送を組み合わせた輸送サービス。海上輸送の運賃の安さと航空輸送のスピードの速さという双方のメリットを活かしている。

Demo3D上でシーンはモデルが表示されている部分のことを指します。何も選択していない場合にプロパティウィンドウを確認するとシーンが自動的に選択されていることが分かります。

長距離輸送の起点と終点が逆の2社が連携し、中間地点でドライバーのみが交代する輸送システムのこと。例えば東京から大阪に運行するトラックと、大阪から東京に運行するトラックがあった場合、中間地点のサービスエリアで相手会社のドライバーのみが後退し、再び元の起点に向けて運行を行います。

英語ではBCP(Business-Continuity-Planning)と呼ばれ、災害などの緊急事態が発生した際に、企業が損害を最小限に抑え、事業継続や復旧を図るための計画のこと。

物流現場で使われる自動保管/仕分けシステム。棚(スタッカーラック)の間にスタッカークレーンと呼ばれるクレーンで入庫/出庫を行います。空間効率の有効化が可能で、省人化を実現します。

システムの挙動を他システムやコンピュータなどによって模擬を行うこと。模型などを利用して行う物理的シミュレーションと、数学的モデルをコンピューター上で扱う論理的シミュレーションがあります。Demo3Dでは数値による計算ではなく、モデルを作成して実行することによって結果を得ているので、物理的シミュレーションを仮想的に実施していることになります。

Free-Trade-Zone、略してFTZと呼ばれます。輸出入貨物に課税を課さないなどの、税法上の優遇を受けている地域のこと。日本では唯一、沖縄県の一部のみが指定されています。韓国の釜山やシンガポール、香港などがあり、いずれも世界有数港湾として知られています。

物流業においては倉庫の中にある固定ラックや平置き場などの保管場所から商品を取り出すことです。また、人の手に限らず、自動倉庫のスタッカークレーンが商品を出す際などにも出庫と言います。

廃棄物を輸送する物流のこと。対義語は生産物の物流である動脈物流です。静脈物流は生産者から消費者に向かうモノの流れとは逆に、消費者から生産者へ向かうモノの流れとなります。

物流業においては物流倉庫などで集められた商品を用途や住所などの指定に従って分類していく作業です。

1受注(1オーダー)毎にピッキングを行うシンプルな方法です。多品種の品物を扱う場合はシングルピッキングが適しています。

荷物を目的の階層へ搬送させるため、垂直方向に搬送経路を有した荷物専用の設備です。荷物を昇降させるための垂直搬送部と荷物の入出庫を自動で行う水平搬送部で構成されています。建築基準法上、昇降機に該当せず、昇降機に必要な許可や定期検査報告などは不要です。

自動倉庫において入庫/出庫作業を行うため棚間に配置されたクレーン。クレーンを昇降させ、床に敷かれたレールを走行することにより前後の動きを実現させ多元的な移動を可能にしています。

出荷の際に使う荷崩れ防止用のフィルム。料理などで利用されるラップと同じく静電気でフィルム同士をくっつけるため、テープによる接着が必要ありません。食品用ラップよりも丈夫で安価な素材で作られています。

他の機器やシステムを管理し制御するための機器。具体例としては車や冷蔵庫、エアコンなどの家電などがあります。

産業用ロボットのシェアの世界ランキング上位3社である「安川電機」と「ABB」、「FANUC(ファナック)」のことを指します。

国連大学が1995年に提唱した、生産や消費に伴って排出される廃棄物をゼロにすることを目的とする運動。

商品を行先別に仕分ける機能を持った自動仕分け機器。人の手を介さずに大量の仕分けを正確に行うことが出来ます。スライドシュー式、パン式、クロスベルト式、ポップアップ式など様々な種類のソーターがあります。

通称ソフト。一般的にコンピューター内で動作させる特定の機能のこと。表計算ソフトやペイントソフトなどの特定の作業を目的としたアプリケーションソフトウェアとOS(オペレーティングシステム)などのハードウェアの基本的な処理を行うシステムソフトウェアに大別されます。

「解決法」「解答」の意味を持つ言葉。具体例「お客様の課題に合ったソリューションを提案致します」。

たちつてと

過剰在庫と適正在庫に在庫を区分して異なるロケーションで運用を行う方法のこと。適正在庫はピッキングエリアに割り当て、過剰在庫はストックエリアに割り当てるなどして適正在庫が足りない場合にストックエリアから商品を補充することが出来、出荷効率を向上させることが出来ます。

ボール紙を多層構造にすることにより丈夫な板状の紙を作り、箱状にすることにより中に様々な物を入れることを可能にした紙製品。包装資材に利用されます。

テナントから最終的なユーザーまでの両端末間で小口の集荷、配送を行うこと。

チェーンを使用したコンベアで、多種多様な用途で汎用的に使用されます。チェーンのアタッチメントに様々な物を搬送させるための平板で搬送を行います。

輸送トラックの荷台後部に設置されている荷物の積み下ろしを行う昇降機器です。かご車などの積載に当たりトラックの荷台床と地面との距離をテールゲートリフターによって昇降することにより輸送者への負担を軽くします。

通常、物の質感や手触りを意味しますが、3DCGにおいては3次元オブジェクトの表面に張り付ける画像を指します。テクスチャを張ることにより単色だけでない質感を表現し、よりCGをリアルに表現できます。

デジタルピッキング表示器を利用したシステムです。通常、伝票やリストによるピッキングは紙媒体を見ながら商品を探してピッキングを行いますが、デジタルピッキングシステムでは表示器が示した間口にある商品をピッキングするというシステムです。作業者は商品探しなど不必要な作業を行う必要がなくなるので作業効率が上がり正確なピッキングを行うことが出来ます。

パレットに積載された荷を下ろす作業です。逆にパレットに荷を積載する作業はパレタイズと呼ばれます。

コンテナから荷を取り出す作業です。逆にコンテナに積み込む作業はバンニングと言います。

現実(三次元)の物質を平面(二次元)に正確に描写するための手法です。中心投影(透視投影:Perspective Projectioin)や平行投影(Parallel Projection)など、さまざまな分類が存在します。

目視に近い像を得ることが出来る投影法です。ある1つの点にオブジェクトが放射状に集束する考え方です。

1バッチで受注(オーダー)を集約してピッキングを行う方法です。トータルピッキングの場合は別途仕分け作業が発生します。

荷台にキャスターを取り付けた台車のこと。通常のカートのように手で押す部分は存在せず、牽引車やAGVなどを利用して動かす場合が多いです。

重要港湾のうち、外国貿易上特に重要な港湾として政令で定めているもの。室蘭・千葉・横浜・名古屋・四日市・清水・大阪・神戸・姫路・関門などの諸港。

なにぬねの

物流業においては倉庫の中にある固定ラックや平置き場などの保管場所に商品を積載することです。また、人の手に限らず、自動倉庫のスタッカークレーンが商品を入れる際などにも入庫と言います。逆は出庫と言います。

はひふへほ

システムの物理的な構成要素であり、機械そのものを指します。コンピュータを例にとると、システムの外部的、物理的な要素(ハードウェア)はコンピュータそのものです。逆に、システムの内部的な要素(ソフトウェア)はシステム内で動作するアプリケーションになります。

トラックなどの配送車の利用効率を示す指標です。

日本語訳は梱包明細書、略称はP/L。貿易において輸出入通関での課税価格を決定するために必要な重要書類です。通常、梱包形態、個数、重量、容積などが記載されています。

ハブ空港と呼ばれる、複数の便が一ヵ所に集中する空港を作ることで航路を削減する考え方です。フレッド・スミスが書いた論文である「6か所の空港を直行便で結ぶと15本の空路が必要。しかし、ハブ空港を設ければ、5本の空路のみで済む」で提唱しています。ハブは自転車車輪の軸部分、スポークはハブから放射状に張り巡らされた輻のことです。ネットワーク周辺機器であるスイッチングハブと同様の考え方となっています。

イスラムの戒律に沿った物流サービスです。イスラム法において合法とされているもの(豚やアルコールなど)を安全に輸送する物流であり、輸送経路や追跡性などが非常に重要視されています。

パレットに荷を積載する作業です。逆にパレットから荷を下ろす作業はデパレタイズと呼ばれます。

物流現場で用いられる荷物を載せ、運搬するための荷台。木製や樹脂製など材質、サイズによって様々な種類があります。T11型(1100mm×1100mm×144mm)が一般的に使われるサイズです。

パレットの移動に使う運搬機器の一つです。フォークリフトのフォーク部分だけを使い人力で動かせるように設計されたもので、少ない力でもパレットの運搬が可能です。

輸出物をコンテナに詰め込む作業。逆に、コンテナから取り出す作業はデバンニングと言います。

倉庫業において、オーダーリストに従って商品を取り出す作業のこと。一般的にはシングルピッキングによるピッキング方法が採用されており、1枚のオーダーリストに1回ピッキングを実施します。

パレットやかご車などを保管する場所。平置き場には棚などの設備は存在せず、床にパレットやかご車をそのまま置く保管場所になります。Demo3DではBuffer(バッファ)という呼び方をします。

入居するテナントの要望に沿った用地や設備を踏まえて設計されるオーダーメイド型の専用物流施設の形態のこと。

ハードウェアを制御するためのソフトウェアで、ROMなどの集積回路に予め書き込まれた状態で機器に組み込まれたものを指します。また、ソフトウェアだけでなく、PLCで理容する回路情報も広義の意味でファームウェアと呼ばれることがあります。

社名はFactory-Automation-Numerical-Controlの略称。工場の自動化設備に特化したメーカーで、工作機械用CNC装置(コンピュータ数値制御装置)や産業用ロボットのシェアはトップシェアを誇ります。イメージカラーは黄色です。 Demo3DのデフォルトカタログとしてもFANUCの産業用ロボットはご用意しております。Demo3Dのロボットはコネクタと呼ばれる部品を繋ぎ合わせるだけで搬送処理を行うようになっているので、非常に簡単に設定することが出来るようになっております。また、パレタイズ/デパレタイズなどの処理も簡単な記述で可能ですので是非ご覧ください。

燃油サーチャージと別称されます。燃料とする石油の価格に追随する、運賃とは別建てで徴収される料金のこと。

フォークリフトの前面に備えられている荷役運搬用のつめ。二本ある構造が一般的で、フォーク部分はパレットの間に刺すことにより安定してパレットを運ぶことが出来ます。

主に物流現場で利用される、大型の荷の移動を行うことを目的とした荷役自動車。油圧を利用して昇降/傾斜が可能な荷役用のフォークを前面に備えています。一般的には手元のハンドルを利用して操作を行います。

商品を生産者から消費者へ引き渡すプロセスのこと。物流の主な機能は、配送・輸送、保管・荷役、包装・流通加工・物流情報処理などがあります。

物流を外部委託すること。包括的な物流アウトソーシングとして、昨今では3PL事業者が注目されています。

食品物流業界で使われているプラスチック製の容器のこと。現在のクレートの統一規格は「食品クレート標準I型・Ii型」です。

不動産ファンドの一種「REIT」は小口の投資マネーを集めて不動産専門に投資するファンドのこと。米国最大の物流ファンドであるプロ路地スは物流リートの事業者でもあります。

物流ロジスティクス施設に特化した不動産投資であり、金融商品。

商品の保管場所を決めていない在庫管理方法の一種。空いている場所に商品を保管していくので保管スペースを有効活用できるというメリットがありますが、同じ商品が様々な場所に保管されてしまうため管理が難しくなるというデメリットもあります。

動画において、単位時間当たりに処理させるフレーム数です。異なる静止画を連続的に変更することにより動画は構成されていますが、1フレームとはその静止画1枚のことを指しています。単位時間は様々ですが、一般的には1秒あたりのフレーム数をfps(Frames per sec)という単位を使って表します。テレビは30fpsで描画されています。

視点が無限遠に存在すると仮定した時に、立体物上の点と視点とを結ぶと投影線は互いに平行になるようにした投影図法の一種。Parallel-Projection。透視投影は目視に近い結果を得ることが出来ますが、並行投影は設計でよく利用されており、遠近感の無い投影方法です。

輪状にした幅広のベルトを台車の上で回転させることにより運搬物を移動させる搬送装置。ベルトの材質はゴムが主流ですが、業界により様々で樹脂製などが利用されていることもあります。

まみむめも

マテリアル・ハンドリングの略称。機械による運は版や荷役作業を指し示す言葉で、物流業務に用いられる作業機械(フォークリフトやコンベアなど)をマテハン機器と呼びます。

大規模物流施設の開発・運営手法の一種。複数の企業向けに設計・建築を行い、後からテナントに賃貸契約をする汎用的な物流施設の形態です。

ピッキング方法の一つで、複数の受注(オーダー)のピッキングをまとめて行います。オーダーの数は倉庫により様々ですが、全てのオーダーを集約して一度にピッキングする場合はトータルピッキング、1オーダーに対して1ピッキングとする場合はシングルピッキングと言います。

OSとアプリケーションソフトウェアの中間に入るソフトウェアのこと。OSはあくまで基本的な機能しか持っておらず、業務で求められる機能まで備えていませんが、ミドルウェアをインストールすることにより特定の処理や複雑な動作が可能になります。

日本語訳は巡回集荷方式。製造業者自身、または委託された輸送業者が決められたルートに従って出荷主を回って集荷を行なう方法。特にアメリカの自動車産業などにおいてみられる手法です。日産がミルクランに力を入れて実施させていますが、トヨタ自動車、キヤノン、松下電器、富士通など様々なメーカーがミルクランを実施しています。

「中二階」の意。建築物の主要な階層の中間にある床であり、通常は階数に含みません。天井が低く、バルコニーのような形状をしていることが多いです。

運輸省ではCO2削減に向けて取り組まれている施策の1つ。トラックによる幹線貨物輸送を「地球にやさしく、大量輸送が可能な海運または鉄道に転換すること」を指します。CO2の排出量削減に加え、エネルギー消費効率の向上や道路混雑問題の解消および交通事故防止効果を目的としています。

やゆよ

用意された軌道上を走行する搬送車で、軌道または台車に駆動力を持つものを指します。

らりるれろ

生産・流通・開発などの現場で工程に着手してから全ての工程が完了するまでの全所要時間のこと。

温度管理が可能なコンテナのことで、主に冷蔵・冷凍の必要がある食品や医薬品、高温で劣化する恐れがある美術品やフィルムの輸送に利用されます。リーファーコンテナに対し、一般的なコンテナはドライコンテナと言います。

リスクを組織的に管理し、損失などの回避や低減をはかるプロセスのこと。主にリスクアセスメントとリスク対応で構成されており、更にリスクアセスメントはリスク特定、リスク分析、リスク評価で構成されている。

「参照」の意。Demo3Dでは主にプロパティの一つでオブジェクトを参照する際にVisualReference(ビジュアルリファレンス)と呼ぶことが多いです。

「層」の意。ペイントソフトやドローソフトなどでも用いられる機能の一つで、レイヤーを非表示にすることにより特定のオブジェクトを非表示にすることが可能です。例えば柱のオブジェクトを「柱」という名前のレイヤーに設定しておくと、柱レイヤーに設定されたオブジェクトはすべて一度で非表示に出来ます。

データ記述言語や数値データなどの抽象的な情報からレンダリングエンジンを用いて画像などを生成すること。Demo3Dでは有名なOSSのレンダリングエンジンであるPOV-Rayが利用されています。

物流現場において利用されるマテハン機器の一種で、回転する筒状のローラーをフレームに対して垂直に配置した搬送装置。ローラーは一般的に鉄製が多いですが、アルミ製やプライスチック製のものもあります。

物流は、保管・輸送・荷役・包装・流通加工・情報システムという6つの機能を含む「ものの流れ」を指すことに対し、ロジスティクスは「ものの流れ」を一元管理することにより物流全体の最適化をする考え方です。物流と同義語として扱われることも多いですが、ロジスティクスは「物流」+メンテナンス体制などのより広義な業務が対象となります。

ロボットのマニピュレーターなどを指す言葉。ロボットにおいて「つかむ」「はなす」「運ぶ」など特定の作業を行なう部分とされています。

国際標準輸送ラベル。物流事業者、発着荷主用スペース、ライセンステンプレートで構成されているグローバルな標準物流ラベルのこと。

正式名称は貨物利用運送事業者。自社以外の輸送業者利用して貨物の運送を行う事業者のこと。荷主に対して運送契約を結び、運送人としての責任を負います。

わをん